NONREMについて

当店は眠りを重視した

ドライヘッドスパ専門店

昼間の仮眠の有効性

近年、仮眠は世界で注目されています。

一流企業GAFAなどでは仮眠を推奨し、社内に仮眠スペースや、快眠マシーンを設置しているそうです。


日本人の睡眠は世界でワースト2位と言われ、睡眠不足や、日中の眠気などによる日本の経済損失は約15兆円にも上ると試算されています。

ノンレム睡眠】は最初の寝入りに最も深い徐波(デルタ波)睡眠の間に、成長ホルモンの分泌は最大です。

成長ホルモンは、疲労回復に大きく貢献し、組織細胞の修復、再生を行う役割を持ちます。また病気への抵抗力・免疫力を高めています。

昼の仮眠の推奨時間は、13~15時に、30分から1時間寝るだけで、脳の活性化、仕事効率、認知症予防、免疫力アップ等につながります。

仮眠の研究は近年、急速に進んでいます。代表的なのはNASA(アメリカ航空宇宙局)が、宇宙飛行士の睡眠について行った実験が挙げられます。

この実験によると、昼に26分間の仮眠をとった結果、認知能力が34%注意力も54%上昇しました。 

■アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズは、かつて「仮眠ができないような会社には来たくない」という言葉を残しています。

発明王のトーマス・エジソンも、夜の睡眠こそ一日4時間程度だったものの、その代わりに昼寝を1~2回とっていた。


ヘッドスパ NONREM(ノンレム )の施術は、ほとんどの方が眠りに誘導され、日頃の疲れを頭から癒し、脳も身体もリラックスできます。


当店の快眠へのこだわり

視覚◆室内は間接照明を利用し暗く

触覚◆座り心地の良いリクライニングチェア

嗅覚◆アロマの香り

聴覚◆ヒーリングの音楽


日中という時間でありながら、店内は落ち着いたラグジュアリーな空間を演出し、最高のリラクゼーションを提供いたします。


医療関係者からの高い支持

脳神経外科医 医学博士

石田 昭彦氏

ライヘッドスパ協会顧問医

石田昭彦氏推薦

 現代社会のストレス過多により、多くの方が慢性的な脳疲労状態になっています。

脳が疲労することにより、脳が正常に機能をきたさなくなった結果、五感異常や身体異常(高血圧や肥満などの生活習慣病・メタボリックシンドローム)、メンタル障害によるうつ病など、様々な症状・病態が生じます。

疲れ切った脳は癒されることで本来の正常な機能を回復し、自分自身で健康になる力(自然治癒力)を取り戻していきます。

脳に一番近い頭部から心地よい刺激を与えるドライヘッドスパは、脳に癒しを与え、深い眠りを導き、心身ともに健康を取り戻します。

ドライヘッドスパは、頭痛や肩こり、眼精疲労、寝つきが悪く熟睡できないような不眠や、何度も目覚めてしまうような中途覚醒、慢性的な倦怠感、ストレスによる脱毛や肌荒れ・・・などといった悩みを持つ方にお勧めです。